‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ターボタイマーの構造

2015/05/25

ターボ車では走行後すぐにエンジンを停止すると焼付けを起こすことがありましたが、解決策としてアフターアイドリングをする方法があります。暫くの間はエンジンをアイドリングさせて潤滑油を行き渡らせておく必要がありますが、そのために使われているのがターボタイマーとなります。タイマーですから任意の時間設定によりアフターアイドリングが可能ですが、以前であればエンジンオイルの油圧で作動していたものが、現在ではボールベアリングやベアリング自体にオイルを行き渡らせる構造に変化しているため、以前のようにアフターアイドリングに神経質にならなくても良い状態となっています。しかし機械ですからすぐにエンジンを停止してしまうと作動が停止されるわけですから、いくら高性能化が進んでもアフターアイドリングを行ったほうが車のためには良いと言えます。ノーマル車ではハードな走りをしない限り神経質にならなくても良い場合もありますが、チューニングにより加給圧を上げている場合ではターボタイマーを装着して一定時間はアフターアイドリングをしたほうが車のためにも良い環境となります。車の進化とともに改良されている部分も多いですが、油脂類により鉄が駆動しているわけですから必要に応じてアフターアイドリングが必要になります。

タービンの焼きつきや傷を防ぐ方法

2015/05/25

自動車のエンジンの形式には2種類あります。
自然吸気エンジンと呼ばれるナチュラルアスピレーションと、過給エンジンのターボ車です。
ターボ車には自然吸気エンジンには搭載されていない、タービンがついたエンジンです。
ターボ車は、排気ガスの圧力を再利用してターボを回し、吸入してくる空気をさらに圧縮してピストン内に押し入れる機構になっています。
このようにして、より多くの圧縮空気を爆発エネルギー変換でいることから高馬力のエンジンとなります。
しかし、ターボはすごい高い回転数で回転します。
そのため、熱を持ち金属でできたパーツなので熱膨張などを繰り返します。
高熱のままエンジンを急に切って熱変化が起こると傷が生じたり、焼きつきを起こしてしまいます。
それを防ぐために、走行後にはアイドリングにて数分間停止して冷やしてからエンジンを切る必要があります。
しかし、アイドリングのまま車内で待っているのは時間がもったいないので、自動的にある一定時間が経過したらエンジンが止まるようになっているパーツがあります。
それがターボタイマーと呼ばれるものです。
これを装着することによって、ターボ車の寿命が延びるだけでなくブローの確立も軽減します。海01

ターボタイマーの役割

2015/05/25

ターボタイマーの役割は、ターボチャージャー装着車ではベアリングの回転が高速になることで、ベアリングが摩擦熱で高温になるためそのままエンジンを停止して放置していると、ベアリング部の潤滑油が蒸散し、次に使用する場合に潤滑油がなくなるためベアリングが焼き付く場合があります、それを防ぐために、タイマーによりエンジン停止時にエンジンをアイドリングの状態で維持させベアリングの熱を徐々に下げることにより、ベアリング部の潤滑油の蒸散を防ぐことです。ですが最近のターボチャージャー装着車では、燃費の面からターボチャージャーが小径化してきたり、ベアリングのメタル素材の改良やボールのセラミック化によりベアリングが高温に対して対応できるようになってきたり、ターボチャージャー本体にエンジン冷却水を送ることによりベアリング部まで冷却が可能となり以前ほどベアリングが高温になるのを防ぐなどの冷却機能の向上によりターボチャージャー装着車でもタイマーを必要としない車も増えてきました。ですが高速道路や山岳路などを長時間走行した際はエンジンを高回転で長時間使用しているため、上記のようなトラブルが起こる可能性もあるのでタイマーがついていなくてもすぐにエンジンを停止せずにアイドリングをすることをおすすめします。

オススメ!エンジンがかかったことを知らせる双方向のもの

2015/05/25

世界的にみても日本は、特に四季がはっきりと分かれています。
春夏秋冬に、それぞれの風景が存在し楽しめるのは日本の美しさです。
四季がはっきりと分かれていますが、それぞれの季節が心地よい気温と気候で過ぎていくかといえば、そうではありません。
夏には、健康に影響を及ぼすほどに暑くなりますし、冬には生活を営むのが困難になるほどの雪や寒さに見舞われます。
日本のように世界的にみても多くの車が走行している車社会で過酷な気候に見舞われる場合は、愛車にエンジンスターターを設置することをおすすめします。
エンジンスターターは、車に乗り込んでキーを挿入しエンジンを始動しなくても遠く離れた場所からエンジンを始動できるものです。
現在販売されている車には、純正で装備されていますが、搭載されていない古い車でも後から簡単な作業で取り付けられます。
エンジンスターターには、単方向のものと双方向のものがあります。
遠くからリモコンによってエンジンを始動するのですが、離れているとエンジンが始動したのかわかりにくいものです。
そこで、エンジンが無事に始動したことをお知らせしてくれるモデルが存在します。
購入する際には、指導したことをお知らせしてくれるものが良いでしょう。沖縄02

エンジンに負担をかけないために知っておきたいこと

2015/05/25

自動車の寿命を大きく左右させるパーツの中にはエンジンが取り付けられていることになります。自動車の性能に関しても影響する大切なパーツとして知られているものですが、できるだけ負担をかけない知識を身に付けることによって、自動車の寿命を長くすることも可能とされています。例えば回転数に関することを挙げることができます。いわゆるレッドゾーンに入るような回転数にしてしまうことが無いように配慮することが必要になり、高速走行時には注意が必要とされています。現在ではオートマチック車が主流として利用されていることによって、自動変速が行われることになります。しかし、中にはマニュアルモードなどを搭載している車種もあるために、加速時だけではなく、減速時にも急激なシフトダウンをしないように配慮することも大切です。自動で始動させるためのスターターなども人気がありますが、特に寒冷地にお住まいの方で、冬期間に自動車を乗る場合では、スターターを事前に始動させて、ある程度温めてから自動車を走行させることによって、負担を軽減させることもできます。常に配慮を行うことによって、大切な愛車を守ることができますが、時にはある程度の回転数を出すことも必要とされている部分があります。

エンジンスターターの役割とは

2015/05/25

自動車を走行させるためには、路面と設置しているタイヤを回転させる必要が有ります。
では、そのタイヤはどのような力で回転しているのでしょうか。
かつて、移動手段の中心を担ってきたものには人力で、或いは牛や馬などの力を利用して車体を引き、その車体に取り付けられた車輪を回転させて走行しているものも有りましたが、自動車という言葉でもわかるように、自ら備える動力を用いタイヤを駆動させ走行しているのが現在の自動車です、
これまでは、蒸気機関などを動力とする自動車も存在しましたが、今の主流はエンジンを利用しているものが殆どです。
では、このエンジンは、どのような方法で始動されているのでしょうか。
エンジンを動力とする自動車が発明された当初は、手動で始動していたものですが、この方法では大変な労力を必要とする上に、始動に失敗する事も多く、不便なものでありました。
そのため、エンジンスターターと言う装置が開発され、エンジンキーを操作することによって、容易にエンジンを始動させる事を可能にし、誰でもが、殆ど失敗する事も無くエンジンを始動させる事が、つまりは、エンジンを動力とする自動車を利用する事が出来る事となったのです。沖縄01

エンジンにも優しく!便利な機能!

2015/05/25

エンジンスターターと呼ばれる便利な部品があります。
特に寒冷地などで、自動車に乗る時、冷却水が冷え切った状態では十分に暖房が効きません。
乗るときに十分な暖房がかかるように、自動車に乗らなくても車外から暖気運転をさせることができます。
また十分に暖気してから発進できるので負担が少ない状態で走行が開始できます。
冷却水が冷え切っている状態では、オイル温度も低い状態です。
オイル温度が低いと十分な潤滑性能が得られません。
暖気前の急発進や負荷をかける運転はブローの原因にもなります。
自動車にはナチュラルアスピレーションと呼ばれる自然吸気とターボによって過給されるものがあります、
ターボ過給される車両は、急に切るとタービンの熱が急に冷え金属の急激な収縮が起こります。
これを防ぐために切った後も一定期間アイドリングさせてその後停止させるパーツです。
ターボタイマーを付けている車両と着けていない車両では、同じ走行条件で走った場合、つけていない車両のほうが先にタービンブローを起こします。
走行中にブローが起こると大変危険な場合もあります。
自動車のブレーキには倍力装置が備わっており負圧を利用します。
ブローが走行中に起き、機関がストップすると普通の踏力では自動車は止まらなくなります。

便利さと快適さという機能を追求したカー用品

2015/05/25

快適さという機能に着目した商品としては、エンジンスターターが存在します。エンジンスターターと言うのは、自動車に乗る前にあらかじめ、手元のリモコンから電波を飛ばしてエンジンを起動させておき、ウォーミングアップ状態にしておくことが出来るカー用品です。

いきなりエンジンを起動させて運転するとエンジンに負担が生じて故障しやすくなるため、それを防ぐことが可能です。また寒いときや暑いときには、あらかじめエンジンをかけておくことと同時にエアコンの起動も行なうことが出来ます。

つまり、乗る前にエアコンをかけておくことでエアコンの効きを良くしておき、快適に運転することが出来るメリットもあります。なおエンジンがかかったことを知らせてくれる双方向タイプの物であれば、手元にエンジンがかかったことを知らせてくれるので、便利です。

エンジンスターターには、ある程度の距離であっても起動かけることが出来るタイプやドアのロックやアンロックと言った操作までを行なうことが出来るタイプもあります。併せてターボタイマーというのもあり、これは高速度で走行した後にエンジンをいきなり停止するとタービンの軸受けが急激な温度で損傷を受けるため、それを抑えるために一定時間アイドリングをした状態に保って、タービンの回転を落としてエンジンを止めるカー用品です。???? Vol.5 ??????

エンジンスターターとターボタイマーの働き

2015/03/30

ターボ車のオーナーの方で、ターボタイマーを装着している人もいれば、そうでない人もいると思います。そもそも、装着する意味があるのか、その働きは何なのかがわからない人もいると思います。ここでは、ターボタイマーの役割について説明をします。
ターボ車では、タービンと呼ばれる羽根が排気を利用して回転し、そこから新しい空気を圧縮して送りこむことで高い出力を可能にしています。このタービンは、かなりの高速で回転する為、必然的に熱を持つこととなります。タービンを冷やす冷却装置もエンジンルームの中には配置されていて通常であれば問題はないのですが、エンジンを切ってしまうと冷却装置は止まってしまいます。タービンは熱いままなので、故障につながる恐れがあります。そこで、ドライバーがキーを回してエンジンを止める動きをしても、タービンを必要な温度まで冷却してから、エンジンを完全に止める機能を果たす為に、ターボタイマーが存在します。似たような動きをするものにエンジンスターターがありますが、こちらはエンジンを遠隔地から始動することで、車内の空間を快適にすることや、エンジンを始動後、暖めてから出発することができ、エンジンの故障を防ぐことを目的としています。