エンジンスターターの役割とは

自動車を走行させるためには、路面と設置しているタイヤを回転させる必要が有ります。
では、そのタイヤはどのような力で回転しているのでしょうか。
かつて、移動手段の中心を担ってきたものには人力で、或いは牛や馬などの力を利用して車体を引き、その車体に取り付けられた車輪を回転させて走行しているものも有りましたが、自動車という言葉でもわかるように、自ら備える動力を用いタイヤを駆動させ走行しているのが現在の自動車です、
これまでは、蒸気機関などを動力とする自動車も存在しましたが、今の主流はエンジンを利用しているものが殆どです。
では、このエンジンは、どのような方法で始動されているのでしょうか。
エンジンを動力とする自動車が発明された当初は、手動で始動していたものですが、この方法では大変な労力を必要とする上に、始動に失敗する事も多く、不便なものでありました。
そのため、エンジンスターターと言う装置が開発され、エンジンキーを操作することによって、容易にエンジンを始動させる事を可能にし、誰でもが、殆ど失敗する事も無くエンジンを始動させる事が、つまりは、エンジンを動力とする自動車を利用する事が出来る事となったのです。沖縄01

コメントは受け付けていません。