タービンの焼きつきや傷を防ぐ方法

自動車のエンジンの形式には2種類あります。
自然吸気エンジンと呼ばれるナチュラルアスピレーションと、過給エンジンのターボ車です。
ターボ車には自然吸気エンジンには搭載されていない、タービンがついたエンジンです。
ターボ車は、排気ガスの圧力を再利用してターボを回し、吸入してくる空気をさらに圧縮してピストン内に押し入れる機構になっています。
このようにして、より多くの圧縮空気を爆発エネルギー変換でいることから高馬力のエンジンとなります。
しかし、ターボはすごい高い回転数で回転します。
そのため、熱を持ち金属でできたパーツなので熱膨張などを繰り返します。
高熱のままエンジンを急に切って熱変化が起こると傷が生じたり、焼きつきを起こしてしまいます。
それを防ぐために、走行後にはアイドリングにて数分間停止して冷やしてからエンジンを切る必要があります。
しかし、アイドリングのまま車内で待っているのは時間がもったいないので、自動的にある一定時間が経過したらエンジンが止まるようになっているパーツがあります。
それがターボタイマーと呼ばれるものです。
これを装着することによって、ターボ車の寿命が延びるだけでなくブローの確立も軽減します。海01

コメントは受け付けていません。